竹谷研究室では、有機エレクトロニクスの研究を化学や物理の基礎研究から産業応用まで多角的におこなっています。
次世代の電子材料として期待される、軽量で柔軟、しかも印刷可能な有機半導体デバイスを中心に研究しています。

JSTフェア&イノベーションジャパンに出展

JSTフェア&イノベーションジャパンに出展

8/26-27日に行われたJSTフェア& イノベーションジャパンに出展しました。 竹谷教授がCTOを務めるパイクリスタル株式会社&株式会社オルガノサーキットとの共同展示です。 本展示では、我々が開発した有機半導体を用いたフレキシブルアクティブマトリックス・フレキシブル圧力センサ・発光デバイスの展示を行いました。 詳細はこちら    
世界初、商用ICカード規格で動く有機半導体デジタル回路を実現

世界初、商用ICカード規格で動く有機半導体デジタル回路を実現

  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構トッパン・フォームズ株式会社 富士フイルム株式会社 地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所 JNC株式会社 株式会社デンソー 田中貴金属工業株式会社 日本エレクトロプレイティング・エンジニヤース株式会社 パイクリスタル株式会社 2016.01.25   世界初、商用ICカード規格で動く有機半導体デジタル回路を実現 ―物流管理やヘル […]
世界初、印刷で作れる電子タグで温度センシングとデジタル信号の伝送に成功

世界初、印刷で作れる電子タグで温度センシングとデジタル信号の伝送に成功

世界初、印刷で作れる電子タグで温度センシングとデジタル信号の伝送に成功 -従来比10倍以上の高性能、1/10以下の低コスト化を実現- NEDOプロジェクトにおいて東京大学、大阪府立産業技術総合研究所等のグループは、印刷で製造可能な有機温度センサと高性能有機半導体デジタル回路を開発し、電子タグとして温度センシングと商用周波数での温度データ伝送に世界で初めて成功しました。デジタル回路を用いる低消費電力 […]
Split-Gate Organic Field-Effect Transistors for High-Speed Operation

Split-Gate Organic Field-Effect Transistors for High-Speed Operation

植村特任講師の論文がAdvanced Materialsオンライン版に掲載されました。 ”Split-Gate Organic Field-Effect Transistors for High-Speed Operation” T. Uemura*, T. Matsumoto, K. Miyake, M. Uno, S. Ohnishi, T. Kato, M. Katayama, S. Shi […]
世界初、印刷で作れる電子タグで個体識別信号伝送に成功

世界初、印刷で作れる電子タグで個体識別信号伝送に成功

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 国立大学法人 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 地方独立行政法人 大阪府立産業技術総合研究所 トッパン・フォームズ株式会社 JNC株式会社 TANAKAホールディングス株式会社 日本エレクトロプレイティング・エンジニヤース株式会社 富士フイルム株式会社 2014.01.27 世界初、印刷で作れる電子タグで個体識別信号伝送に成功 ―高性能有機薄膜ト […]
V-Shaped Organic Semiconductors With Solution Processability, High Mobility, and High Thermal Durability

V-Shaped Organic Semiconductors With Solution Processability, High Mobility, and High Thermal Durability

岡本准教授の論文が Advanced Materials オンライン版に掲載されました。 V-Shaped Organic Semiconductors With Solution Processability, High Mobility, and High Thermal Durability T. Okamoto*, C. Mitsui, M. Yamagishi, K. Nakahara, […]
インチサイズの有機半導体単結晶薄膜

インチサイズの有機半導体単結晶薄膜

今まで有機半導体には、軽くて大面積に印刷可能、かつ低コストという長所が認められてきました。ディスプレイやRF-IDタグなどの高速でon/offを切り替える必要のある部材に応用する場合、高いキャリア伝導性能が必要とされていますが、これまでの一般的な手法でデバイスを作製した場合、キャリア伝導性能を作製プロセスでロスしてしまうという課題がありました。 これは、従来のスピンコート法などの作製方法ではミクロ […]
Latest entries

鶴見学振研究員のNature Physics論文がNews and viewsで取り上げられました

鶴見学振研究員のNature Physics論文 “Coexistence of ultra-long spin relaxation time and coherent charge transport in organic single crystal semiconductors”が News and viewsに取り上げられました! Nature Physics N […]

日本物理学会・応用物理学会にて口頭発表を行いました

9月に行われた応用物理学会にて、M2の牧田くんが口頭発表を行いました。 9月に行われた日本物理学会にて、渡邉特任准教授と鶴見学振研究員が口頭発表を行いました。  

鶴見研究員の論文がNature Physics誌に掲載されました。

鶴見学振研究員の論文がNature Physics誌に掲載されました。 “Coexistence of ultra-long spin relaxation time and coherent charge transport in organic single-crystal semiconductors”, Nature Physics, (2017). また、東大新領 […]

竹谷教授と京都大学松本吉泰教授の共同研究がNature Chemistry誌に掲載されました。

竹谷教授と京都大学松本吉泰教授の共同研究がNature Chemistry誌に掲載されました。 “Coherent singlet fission activated by symmetry breaking”, Nature Chemistry, (2017)

Mohamad Insan Nugraha研究員の論文が掲載されました。

オランダ グローニンゲン大学からの留学生Insanの研究がACS Applied Materials & InterfacesとAdvanced Electronic Materials誌に掲載されました。 “Enabling ambipolar to heavy n-type transport in PbS quantum dot solids through doping […]

竹谷教授のインタビューが”Top Researchers”に

竹谷教授のインタビューが”Top Researchers”に掲載されました。 新素材で、半導体業界に革命を起こす〜竹谷純一  
BBQパーティを開催しました。

BBQパーティを開催しました。

6/2に竹谷研恒例のBBQパーティを開催しました。   BBQリーダーの八重樫君をはじめB4の学生が中心となって、食材の調達や、炭おこし、食材下準備等々、テキパキとこなしてくれました。   美味しいお肉やシーフードにみんな大満足!梅雨入り前の貴重な晴れの日を満喫しました。  

熊谷研究員の論文がOrg. Electron.に掲載されました。

熊谷研究員の論文がOrganic Electronicsに掲載されました。 Solution-processed organic-inorganic hybrid CMOS inverter exhibiting a high gain reaching 890 S. Kumagai, H. Murakami, K. Tsuzuku, T. Makita, C. Mitsui, T. Okamot […]

山村君の論文がAdv. Electron. Mater.に掲載されました。

山村君の論文がAdvanced Electronic Materialsに掲載されました。 Painting Integrated Complementary Logic Circuits for Single‐Crystal Organic Transistors: A Demonstration of a Digital Wireless Communication Sensing Tag A […]