竹谷・岡本研究室では、有機エレクトロニクスの研究を化学や物理の基礎研究から産業応用まで多角的におこなっています。
次世代の電子材料として期待される、軽量で柔軟、しかも印刷可能な有機半導体デバイスを中心に研究しています。

Monthly archive 2013年1月

「高性能n型有機単結晶トランジスタの開発と動作機構の解明」が共同研究賞を受賞しました

研究代表者・竹谷教授の共同プロジェクト「高性能n型有機単結晶トランジスタの開発と動作機構の解明」が、半導体理工学研究センターより共同研究賞を受賞しました。

「有機半導体薄膜の塗布技術を開発-インクジェットで塗布」の記事が掲載されました

「有機半導体薄膜の塗布技術を開発-インクジェットで塗布」の記事が、1月30日付日刊工業新聞に掲載されました。

印刷可能な有機TFT液晶ディスプレイの高解像度化に成功

高速・大画面の高性能フレキシブルディスプレイの早期実現へ プレスリリース:2013年1月30日 NEDOのナノテク先端部材・部材実用化研究開発プロジェクトにおいて「革新的な高性能有機トランジスタを用いた薄膜ディスプレイ用マトリックスの開発」を受託した竹谷純一教授らのグループは、高速化と高解像度化(画素サイズ0.5mmx0.5mm、面積比でこれまでの1/9)を両立した有機TFTアクティブマトリックス […]

有機半導体の高性能化をもたらす塗布技術の開発に成功

スーパーインクジェットを用いて、高配向単結晶有機薄膜の形成が可能に‐フレキシブルデバイスの高性能化に向けて、大きく前進 プレスリリース:2013年1月29日 独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)の技術移転ベンチャーの株式会社SIJテクノロジと、国立大学法人大阪大学産業科学研究所の竹谷純一教授*および岡本敏宏准教授*は、有機トランジスタの性能を大きく左右し、有機半導体薄膜の結晶性を向上させる、超 […]