竹谷・岡本研究室では、有機エレクトロニクスの研究を化学や物理の基礎研究から産業応用まで多角的におこなっています。
次世代の電子材料として期待される、軽量で柔軟、しかも印刷可能な有機半導体デバイスを中心に研究しています。

Monthly archive 2018年7月

渡邉特任准教授の論文がCommunications Physics誌に掲載されました

渡邉特任准教授の論文がCommunications Physics誌に掲載されました。 “Remarkably low flicker noise in solution-processed organic single crystal transistors” また、 東大新領域ニュース 産総研ニュース 日経電子版 にも取り上げられました。 Communications […]

有機半導体のキャリアダイナミクスに関する総説が雑誌「固体物理」に掲載されました

渡邉特任准教授と竹谷教授が執筆した、有機半導体のキャリアダイナミスクに関する総説が雑誌「固体物理」に掲載されました。大面積有機半導体ウエハーが表紙にも掲載されています。 有機半導体単結晶の電荷・スピン・フォノンダイナミクスの研究と電子デバイスへの応用 渡邉峻一郎・竹谷純一

D3山下君が材料科学の国際会議E-MRSにてPoster Prizeを受賞しました

D3山下君がEuropean Material Research Society 2018 Spring Meeting Symposium HにてPoster Prizeを受賞しました。おめでとうございます!Symposium H: “Charge transport in organic semiconductors: influence of processing and dop […]