竹谷・岡本研究室では、有機エレクトロニクスの研究を化学や物理の基礎研究から産業応用まで多角的におこなっています。
次世代の電子材料として期待される、軽量で柔軟、しかも印刷可能な有機半導体デバイスを中心に研究しています。

Daily archive 3月 15, 2019
渡邉特任准教授が受賞記念講演を行いました

渡邉特任准教授が受賞記念講演を行いました

渡邉特任准教授が、この秋の日本物理学会で第13回若手奨励賞を受賞し、 その授賞式及び受賞記念講演が、3月14日から開催の「日本物理学会第74回年次大会」にて行われました。 受賞論文は、次のとおりです。 「有機半導体における電荷・スピン輸送の研究」 渡邉先生、改めましておめでとうございます!

第66回応用物理学会春季学術講演にて口頭発表を行いました

3月9日〜12日に東京工業大学大岡山キャンパスで開催された「第66回応用物理学会春季学術講演」にて、 山村君(D2)、牧田君(D1)が 口頭発表を行いました。
D3山下君が受賞記念講演を行いました

D3山下君が受賞記念講演を行いました

D3山下君が、この秋の応用物理学会で講演奨励賞を受賞し、 その授賞式及び受賞記念講演が、3月9日から開催の「第66回応用物理学会春季学術講演会」にて行われました。 受賞論文は、次のとおりです。 「アニオン交換を用いた新規ドーピング手法による高分子半導体の伝導特性と熱耐久性の向上」   山下君、改めておめでとうございます!

D3今井さんが日本化学会新領域ナノスケール分子デバイス「第8回若手セミナー」において講演優秀賞(学生)を受賞しました。

D3今井さんが日本化学会新領域ナノスケール分子デバイス「第8回若手セミナー」において学生を対象とした講演優秀賞を受賞しました。おめでとうございます! 受賞タイトル:「STM発光分光法によるフタロシアニン単一分子内での励起子生成・消滅過程の可視化」