竹谷・岡本研究室では、有機エレクトロニクスの研究を化学や物理の基礎研究から産業応用まで多角的におこなっています。
次世代の電子材料として期待される、軽量で柔軟、しかも印刷可能な有機半導体デバイスを中心に研究しています。

Posts tagged "デバイス実験部屋"
デバイス物性チーム実験室風景

デバイス物性チーム実験室風景

有機半導体デバイス作製中 これは有機半導体や金属などを加熱昇華させて基板の上に付着させ、半導体や電極の薄膜を作製する装置です。基板の手前に好きな形のシャドウマスクを置いておくことで、いろいろな形のデバイスを作ることが出来ます。 不活性ガス中での実験操作 竹谷研で扱う材料の中には、大気中の酸素や水と触れると化学反応を起こしたり劣化したりするものもあります。グローブボックスは窒素やアルゴンガス中で実験 […]
グローブボックス内でトランジスタ作製

グローブボックス内でトランジスタ作製

竹谷研でおこなう実験の中には、酸素・水分との接触厳禁の環境下で進めなくてはならないものもあります。 このような作業の際は、まず密閉されたグローブボックス(写真:黒いゴム手袋状のパーツが出ている装置)内に不活性ガスのアルゴンを充填します。そして、装置に付随するゴム製のグローブに手を通し、透明のアクリル板越しにデバイス作製等の作業を進めます。 酸素や水などの不純物は、ボックス内に100万分の1(1pp […]
蒸着機で半導体の薄膜形成

蒸着機で半導体の薄膜形成

蒸着機とは、トランジスタの電極となる金や有機半導体を真空中で加熱し、気化した材料を使って基板上に薄膜を形成する装置です。 金の蒸発が始まる温度は約1000度という高温。さらに、効率よくムラなく基板に膜が作れるよう、容器内を1億分の1気圧以下という高真空にして蒸着がおこなわれます。この「真空蒸着法」によって、膜の厚さが自在に調整できるのです。 この装置で作製された有機半導体膜や電極を使って、電子の動 […]